千葉でカトリックの葬儀を営むまでの流れ

Posted by admin01 on 2020年12月21日 under 千葉でカトリックの葬儀を行う場合 | Comments are off for this article

カトリックの場合、信者の死期が近いとわかったら葬儀を営む前にさまざまな儀式が執り行われます。

スムーズに千葉でカトリックの葬儀の準備できるよう段取りをチェックしておきましょう。

■カトリック葬儀の準備として臨終前に行うこと

キリスト教では死=終わりではなく、千葉で行われる葬儀は神に受け入れてもらうために祈るものと考えます。

そのためカトリックの場合、本人の意識があるうちからさまざまな儀式が行われることが一般的です。

まず信者の死期が近づいたら神父を呼び、病者の聖油を行います。

これは枕元に神父を呼び、神父が危篤者の告解を聞いて回心を祈り、聖書を朗読する儀式です。

聖書の朗読後は神父が危篤者の額と両手に聖油を塗り、キリストの血と肉を意味するぶどう酒とパンを与えます。

病者の聖油は事前に白い布をかけた机と十字架、聖水、ろうそく、聖油などを用意しておきましょう。

臨終を迎えたら、神父は教父掩祝と呼ばれる祝福を信者に捧げます。

その後は仏式同様に遺体を清めて死化粧を施しますが、そのときカトリックの場合は胸の上で手を組ませて故人の愛用していたロザリオを持たせましょう。

次いで故人の安息を祈って枕勤めの儀が行われます。

遺族や近親者で遺体を囲み、神父が納棺の言葉を捧げます。

その後は聖書を朗読し、聖歌斉唱をしたあとに聖水を遺体にふりかける撒水を行います。

最後に遺体を棺に納めて遺体の周りを白い花で飾り、祭壇に安置しましょう。

Comments are closed.