千葉でプロテスタントの葬儀を営むまでの流れ

Posted by admin01 on 2021年1月5日 under 千葉でプロテスタントの葬儀を行う場合 | Comments are off for this article

千葉でプロテスタントの葬儀を営む場合、仏式の葬儀などとは違い臨終間際から儀式を行います。

事前に牧師の手配や準備するものなどを把握しておき、有事に備えましょう。

■プロテスタントの葬儀の定義

プロテスタントの場合、葬儀はほとんど千葉の教会で行われます。

プロテスタントでは死を召天と呼び、死後は天に召されて神に委ねられるものと考えるため、神に祈りを捧げる形式が一般的です。

そのため葬儀は仏式の葬儀のような故人の冥福を祈るものではなく、神への感謝と残された遺族を慰める内容になっています。

■プロテスタントの葬儀として臨終前に行うこと

プロテスタントの場合は葬儀前に行う儀式として、信者が危篤になったら聖餐式を行います。

聖餐式は信者が安らかに天国に召されるための儀式で、牧師を呼んでキリストの血と肉を表すぶどう酒とパンを与えます。

もし洗礼を受けていない場合は、聖餐式は行わず牧師に臨終の祈りを捧げてもらいましょう。

いずれにしても家族や近親者は一緒にお祈りをします。

臨終を告げられたら家族は末期の水と死化粧を施し、故人の愛用の服を着せて安置しましょう。

そして故人が死亡した当日か翌日に牧師が立ち会いをする納棺式が行われます。

牧師は枕元の故人に祈りを捧げ、家族が遺体を棺に収める形式が一般的です。

ふたを閉める前に故人の周りに白い花を飾り、ふたを閉めたら黒い布で覆って仏式でいう通夜である前夜式がある日まで安置します。

Comments are closed.